給与明細電子化のメリット

Pocket

給与明細の電子化を行う企業が増えています。その理由はいくつかありますが、最も大きいのは企業内の業務管理の殆どがシステム化され、出退勤管理や給与計算などが電子データで扱われていることによるものです。
特に出退勤管理は以前はタイムカードで刻印し、総務担当者や経理担当者がその情報を手作業で入力し給与計算を行っていましたが、最近ではIDカードやWeb入力などにより出退勤の入力を社員各自がシステムに対して行うことが多くなったことで、システムにより合理的に処理することができるようになりました。また出退勤管理のシステムと給与計算システムが直接連携し、出退勤のデータを直接利用して給与計算を行うことにより、給与明細を自動的に作成することが出来るようになったことが大きな理由です。
さらに税金や雇用保険料などの控除金額のデータもシステムで計算されることから、これらのデータを総合して電子化された給与明細を作成することは非常に容易であり、また企業の業務効率化の上でも大きなメリットとなっています。
さらに給与明細を電子化することで紙媒体による配布の手間、もしくは環境保護のための紙の利用の削減などの観点からも大きなメリットがあります。現在の企業は地球温暖化対策としての資源保護も目標を策定して実行することが義務付けられており、この目標を達成する上でも非常に有効な方法なのです。
また、電子データの給与明細を利用することはプライバシー保護の観点でも非常に有効です。